法の門(読み)ノリノカド

精選版 日本国語大辞典の解説

のり【法】 の 門(かど)

仏の教え。仏法のことで、それによって真実のさとりに通ずるところからいう。法門(ほうもん)
※玉葉(1312)釈教・二七〇四「尋ね入る道とはきけど法の門開けぬものは心なりけり〈藤原実兼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android