コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原実兼 ふじわらのさねかね

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原実兼

没年:天永3.4.2(1112.4.29)
生年:応徳2(1085)
平安後期の学者。父は大学頭季綱,母は若狭守通宗の娘。文章生から蔵人となり,その才は「頗る才智あり,一見一聞の事を忘却せず」と評価された。そのため大江匡房言談である『江談抄』の筆録を依頼された。匡房は「足下なんどの様なる子孫あらましかば,何事かと思ひ侍らまし」と語ったという。しかし若くして亡くなり,その才は子の信西に受け継がれた。

(五味文彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の藤原実兼の言及

【江談抄】より

…平安末期の説話集。大江匡房(まさふさ)の談話を藤原実兼(さねかね)が筆録したもの。ただし間接的な聞書,また実兼以外の人物による筆録をも含んでいる。…

※「藤原実兼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原実兼の関連キーワード新後撰和歌集藤原通憲藤原家隆昭訓門院没年

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android