コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定犯 ホウテイハン

百科事典マイペディアの解説

法定犯【ほうていはん】

行政犯とも。行政上の取締りの必要から定められた法規に違反する行為で,行為自体は,反社会性・反道徳性をもち違法とされるものではなく,法規の制定をまって初めて違法となる犯罪。自然犯の対。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうていはん【法定犯】

行為そのものの善悪によるのではなく、法規に定められたことにより初めて違法とされる犯罪。 ⇔ 自然犯行政犯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の法定犯の言及

【行政犯】より

…行為自体が反道義性・反社会性を備えた刑事犯(自然犯)に対して,行政目的を達成するための法規の命令に違反することにより反道義性・反社会性を帯びる違法行為(法定犯)ととらえるのが通説である。行政犯の概念は,刑事犯に適用される原理を立法論・解釈論上制限,修正するために用いられる。…

【犯罪】より


[犯罪の種類]
 刑法上,犯罪は種々の観点から分類される。まず,自然犯と法定犯の区別がある。自然犯とは,法規の制定をまたなくても,それ自体が反社会的であるとされる犯罪をいう。…

※「法定犯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

法定犯の関連キーワードガロファロ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android