コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政犯 ぎょうせいはんVerwaltungsdelikt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行政犯
ぎょうせいはん
Verwaltungsdelikt

行政罰を科せられるべき非行刑事犯が反道義的,反社会的な非行であるのに対して行政犯は法規に基づく命令禁止を前提とし,その命令禁止に違反するために反社会性をもつ点に違いがある。行政罰には行政刑罰秩序罰がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょうせい‐はん〔ギヤウセイ‐〕【行政犯】

行政上の取締法規に違反する行為で罪となるもの。→法定犯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

行政犯【ぎょうせいはん】

法定犯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうせいはん【行政犯】

行為自体が反道義性・反社会性を備えた刑事犯(自然犯)に対して,行政目的を達成するための法規の命令に違反することにより反道義性・反社会性を帯びる違法行為(法定犯)ととらえるのが通説である。行政犯の概念は,刑事犯に適用される原理を立法論・解釈論上制限,修正するために用いられる。しかし行政犯と刑事犯の区別の是非・基準について,見解は一致しておらず,両者が相対的・流動的なことも認められている。行政犯に科せられる罰が行政罰である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうせいはん【行政犯】

行政上の目的のために定められた法規を守らなかったことにより違法とされる行為。道路交通法違反など。 → 法定犯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行政犯
ぎょうせいはん

行政法規に違反する犯罪。自然犯(刑事犯)に対する観念。刑事犯は、法の規定を待つまでもなく社会生活上当然に犯すべからざる道徳的本分に違反し、法益に現実に侵害を加えるために処罰されるべき行為で、それ自体反社会性・反道義性を有するものであるのに反し、行政犯は、行政上の目的のためにする命令禁止に違反し、行政目的に違反するがゆえに反社会性をもつとされる行為である。行政犯に対する刑罰が行政刑罰であり、自然犯に対する刑罰が刑事罰である。刑事犯の規定は、「人を殺したる者は……の刑に処す」というように、人を殺すことは許されないことを前提として処罰規定を置いているのに対し、行政犯の場合には、一定の行為を命令禁止する規定が先行し、これに違反した者を処罰するという規定が置かれるのは、前記の行政犯と刑事犯の違いを反映している。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

行政犯の関連キーワード選挙犯罪被害者学財政犯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android