コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法寿 ほうじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法寿 ほうじゅ

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。暹賀(せんが)の弟子となり,比叡山(ひえいざん)西塔院にすみ法華(ほけ)経の読経(どきょう)を日課とした。法華経西方にとんでいく夢をみて隠棲(いんせい)し,阿弥陀(あみだ)仏の像をえがき,念仏につとめて往生したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

法寿の関連キーワード天台宗

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法寿の関連情報