法泉寺温泉(読み)ほうせんじおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法泉寺温泉
ほうせんじおんせん

静岡県南西部,掛川市郊外に湧く温泉。泉質硫黄泉泉温は 18℃。すべすべした肌ざわりで美人湯と呼ばれ,美肌作用が高い。皮膚病神経痛などにも効果がある。閑静な環境は保養にも向く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android