法脈(読み)ほうみゃく

精選版 日本国語大辞典「法脈」の解説

ほう‐みゃく ホフ‥【法脈】

〘名〙 仏語法義から弟子へと順次継承されて伝わること。
日蓮上人(1894)〈幸田露伴〉八「天台智者大師の法脈(ホウミャク)を伝へ来り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「法脈」の解説

ほう‐みゃく〔ホフ‐〕【法脈】

仏法を師から弟子へと伝える系脈。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法脈の言及

【血脈】より

…その事実を文書に図示するのが特色で,系譜は朱線で示されることが多い。宗派の教理を伝えた系譜を宗脈または法脈といい,戒を伝えた系譜を戒脈という。教法の相承を〈血脈を白骨にとどめ,口伝を耳底に納む〉などと表現する。…

※「法脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android