法脈(読み)ホウミャク

  • ほうみゃく ホフ‥
  • ほうみゃく〔ホフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。法義が師から弟子へと順次継承されて伝わること。
※日蓮上人(1894)〈幸田露伴〉八「天台智者大師の法脈(ホウミャク)を伝へ来り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の法脈の言及

【血脈】より

…その事実を文書に図示するのが特色で,系譜は朱線で示されることが多い。宗派の教理を伝えた系譜を宗脈または法脈といい,戒を伝えた系譜を戒脈という。教法の相承を〈血脈を白骨にとどめ,口伝を耳底に納む〉などと表現する。…

※「法脈」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android