コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法音 ホウオン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐おん〔ホフ‐〕【法音】

説法や読経の声。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

法音

生年:生没年不詳
平安末期・鎌倉初期の伊豆走湯権現(伊豆山権現とも。静岡県熱海市・伊豆山神社)の尼。いわゆる後家尼ではなく,「一生不犯」と称せられた修行尼であった。走湯権現を信仰していた北条政子の御経師を勤めていたが,その縁から治承4(1180)年,挙兵決行を前にした源頼朝から,走湯権現など19カ所での日々の勤行の代行を命ぜられた。山内の住坊は不明だが,花水に住んでいたとの伝承がある。のち伝説化し,「初音尼」と呼ばれるのはこの尼のことと思われる。<参考文献>『吾妻鏡』『静岡県史』3巻,太田君男『熱海物語』

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうおん【法音】

〘仏〙 説法や読経の声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法音の関連キーワード和歌山県有田郡有田川町岩野河大菩薩峠(中里介山の小説)グィード・ダレッツォ音楽の捧げものモンテベルディ有田川(町)音楽著作権藤井 日達定量記譜法鷹司兼輔上杉景勝鷹司信房無住一円音階説法