コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波長多重通信 はちょうたじゅうつうしんwavelength division multiplexing

知恵蔵の解説

波長多重通信

WDM」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

波長多重通信
はちょうたじゅうつうしん
wavelength division multiplex

WDMと略記される。波長の異なる複数の光を、1本の光ファイバーに入れて通信容量を増す方法。コヒーレント光通信を多重にして利用する。1995年に8波の光通信を用いて各毎秒5ギガビット、計毎秒40ギガビットの情報を8000キロメートル伝送することに成功したとの報告以来、50~51波で各毎秒20ギガビットや10波で各毎秒100ギガビットでの計毎秒1テラ(=1012)ビットの伝送実験に相次いで成功している。光波長多重通信は、光パルスを利用するTDM方式の最大毎秒20~40ギガビット、光ソリトンによる毎秒100ギガビットと比べてもはるかに大量のテラビット伝送が可能なことから究極の次世代通信方式と考えられる。しかし、実用化するにはチャネル間の干渉を避け、波長や特性の決まった使用波長用の送・受信機を用意する必要があるなど、技術・コスト面の問題を解決する必要がある。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

波長多重通信の関連キーワードフォトニック結晶

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android