泣面を蜂が刺す(読み)なきつらをはちがさす

精選版 日本国語大辞典「泣面を蜂が刺す」の解説

なきつら【泣面】 を 蜂(はち)が刺(さ)

(泣いている顔をが刺す意から) 不幸の上に不幸が重なること、また、困っている上にさらに困ったことが加わることのたとえ。なきっつらに蜂。なきつらに蜂。〔諺苑(1797)〕
※二人むく(1891)〈尾崎紅葉〉「泣顔(ナキヅラ)を蜂(ハチ)に刺(ササ)れし椋助は、途方に暮れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android