コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥溶岩 でいようがんmud lava

岩石学辞典の解説

泥溶岩

九州の阿蘇や姶良火砕流堆積物中の熔結された部分に用いられた語[松本 : 1943].粘性の比較的高い泥状の物資に用いることがある.火山泥流と同じにも用いられた.しかしこの語は近年は用いられない[片山ほか : 1970, 地学団体研究会 : 1996].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

泥溶岩の関連キーワード石人山古墳(せきじんざんこふん)永安寺東古墳石人・石馬岩戸山古墳

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android