コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初生 ショセイ

4件 の用語解説(初生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょ‐せい【初生】

初めてこの世に生まれ出ること。また、生まれたばかりであること。
初めて生ずること。「仏法初生の時」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

初生

primary: 一般的な名称で,マグマの固化過程で形成された火成岩の構成,および堆積物の沈殿の過程で形成された構造を指している.
protogenous, protogenic: 砕屑岩などの二次的な岩石に対して,一次的な岩石に用いる語である[Naumann : 1858, Becke : 1903].岩石のみならず鉱床,岩塩,石炭など広い範囲を対象にしているが,あまり使用されない.

初生

(1) 地下深部から初めて地表にでてきたマグマ,あるいはマグマ中に含まれていた水,ガスなどの物質につける形容詞.地表付近の物質で汚染されていない状態であるという意味.(2) 一次的のことで,二次的な作用を受けていないという意味で用いる.(3) 地球生成当時から存在する物質を形容するのに用いられるが,これは始原(primordial)の語が普通用いられる[片山ほか : 1970,地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょせい【初生】

はじめて生まれること。新しく生ずること。
生まれて間がないこと。 「然るに此仏法も-の時より治者の党に入て/文明論之概略 諭吉

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

初生の関連キーワード火成岩地下水地割れ火成活動自由地下水野島断層初生的深成論下位岩体半深成

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

初生の関連情報