コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥質石筍 でいしつせきじゅんmud stalagmite

岩石学辞典の解説

泥質石筍

泥でできた石筍状の形のもので,頂部に丸い穴があり,明るい色の物質が内部の核となっており,洞穴粘土シルトの傾斜部に形成される.下部にある粘土とシルトの物質が洞穴の天井から落ちる水滴の衝撃で形成されたもの[Malott & Shrock : 1933].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android