コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗い出し アライダシ

デジタル大辞泉の解説

あらい‐だし〔あらひ‐〕【洗い出し】

たたきや壁などで、表面が乾かないうちに水洗いして、小石を浮き出させたもの。
板の表面をこすり、洗って木目(もくめ)を浮き出させたもの。
煉瓦(れんが)や石の壁の表面を、漆喰(しっくい)モルタルで塗らないで生地のままにしておくこと。
調べて、表面に現れていない事柄を明らかにすること。「問題点の洗い出し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらいだし【洗い出し】

人造石塗りの壁や床などの仕上げの一。セメントが硬化しないうちに、その表面を水洗いして小石を表面に浮き出させるもの。
杉板をこすり洗って、木の目を浮き出させたもの。
調べて、隠されていたものを探し出すこと。 「容疑者の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

洗い出しの関連キーワード三菱ふそう MIQCS燃焼システムコンピテンシー・ディクショナリー左官工事(建設業許可の一種)スパゲッティプログラム粉飾決算発見システム事務管理(企業活動)フロントローディングデトロイト財政破綻サイバーパトロール鞆の浦の住民協議会データクレンジングOSI参照モデルソフトローンチ洗い出し仕上げ国の事業仕分け原価低減活動事業継続管理外耳道異物給排水設備ツチカブリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

洗い出しの関連情報