洗革(読み)あらいかわ

精選版 日本国語大辞典「洗革」の解説

あらい‐かわ あらひかは【洗革】

〙 (「あらいがわ」とも)
① 白いなめし皮の表面を削って、もんで柔らかにしたもの。あらかわ。
※延喜式(927)四九「修理挂甲一領料〈略〉洗革四半張」
※虎明本狂言・鎧(室町末‐近世初)「夏は卯の花のかきねの水にあらひがは」

あら‐かわ ‥かは【洗革】

〘名〙 =あらいかわ(洗革)〔観智院本名義抄(1241)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android