コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞穴住居 どうけつじゅうきょ

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

どうけつじゅうきょ【洞穴住居】

旧石器時代から見られる、自然や人工の洞窟(どうくつ)を利用した住居。土が炎暑酷寒を防ぐ断熱材となり、現代でも降雨量の少ない地域に見られる。中国北部の黄土地帯のヤオトン(窰洞)、オーストラリアのホワイトクリフスなど。◇「横穴住居」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

洞穴住居の関連キーワード窰洞<lang>中国</lang>栃原岩陰遺跡シェール川旧石器時代高知(県)ベクスリー龍河洞

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android