コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞穴住居 どうけつじゅうきょ

1件 の用語解説(洞穴住居の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

どうけつじゅうきょ【洞穴住居】

旧石器時代から見られる、自然や人工の洞窟(どうくつ)を利用した住居。土が炎暑酷寒を防ぐ断熱材となり、現代でも降雨量の少ない地域に見られる。中国北部の黄土地帯のヤオトン(窰洞)、オーストラリアのホワイトクリフスなど。◇「横穴住居」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞穴住居の関連キーワード原石器新石器時代先土器時代旧石器新石器サンティマミニェ洞窟シャニダールニオーペイロニレ・コンバレル

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone