コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山撥 ツヤマバチ

デジタル大辞泉の解説

つやま‐ばち【津山×撥】

三味線のの一種。文化年間(1804~1818)に大坂の津山検校が創始。やや大型で撥先が薄くなっている。地歌でよく用いるほか、箏曲(そうきょく)の山田流でも地歌系の曲で用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つやまばち【津山撥】

地歌の三味線で用いる撥。文化年間(1804~1818)津山検校の創始。大形で厚く、先だけが薄い。現在、地歌の撥はこれがほとんど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

津山撥の関連キーワード津山検校(初代)津山検校(1世)菊平 琴声江良 千代川瀬里子三味線平撥

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android