コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田静一 つだ せいいち

1件 の用語解説(津田静一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田静一 つだ-せいいち

1852-1909 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)5年4月生まれ。もと肥後熊本藩士。明治14年熊本で国権論の紫溟(しめい)会設立にくわわる。機関紙「紫溟雑誌」「紫溟新報」を発行,自由民権論に対抗した。南米移住など植民事業を説き,台湾拓殖公社を創設。明治42年12月28日死去。58歳。通称は亀太郎。号は楳渓,図南。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津田静一の関連キーワード富本節スバルレオポルド2世河津省庵真田幸貫富田久三郎ラングスドルフ第二帝政ムーア海里

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone