コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽桐下駄

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津軽桐下駄[木工]
つがるきりげた

東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。江戸時代、下駄の使用が広く流行した頃からつくられてきた。桐を用いているため軽く、肌触りが優しく履き心地もよい。北国の厳しい風雪に耐えながら育つ津軽の桐は、下駄素材として適する。白木の下駄のほか雪の多い土地柄に合わせた雪下駄・津軽塗の下駄などがつくられている。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android