コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽 承昭 ツガル ツグアキラ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

津軽 承昭
ツガル ツグアキラ


肩書
弘前藩知事

旧名・旧姓
別名=長岡護明 旧名=承烈

別名
幼名=寛五郎 号=桃林亭 桃園 仙桃 琴調

生年月日
天保11年8月12日(1840年)

出生地
江戸

出身地
青森県弘前市

経歴
熊本藩主細川斉護の四男に生まれ、安政4年陸奥国弘前藩主津軽順承婿養子となり、6年襲封し第12代弘前藩主となった。西蝦夷地の警備と経営などの他、軍制改革を行い、新たに武器の製造にも乗り出した。元治2年京都御所南門の警備を命ぜられる。明治維新に際し、勤王方として箱館戦争に参加して功を立て、奥州触頭に任命され、一時東北15藩を配下とした。明治2年版籍奉還し、弘前藩知事となる。4年廃藩置県の実施により東京に移った。10年宮中祇候を拝命、のち麝香間祇候に転じる。17年伯爵。第十五国立銀行取締役を務めた。和歌をたしなみ、宮中の御題に対する詠進歌は多数にのぼる。

没年月日
大正5年7月19日

家族
実父=細川 斉護(熊本藩主) 養父=津軽 順承(弘前藩主) 養子=津軽 英麿(津軽家13代当主)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone