桃園(読み)トウエン

百科事典マイペディアの解説

桃園【とうえん】

台湾北部の県名,市名。園市周辺の丘陵地帯は,18世紀半ばには客家の大規模な入植を受けて開発が進み,台北県とも隣接することから,農業地帯として発展した。桃園県の人口204万4023人(2013)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桃園
とうえん / タオユワン

台湾北西部の県。台北(たいほく/タイペイ)の南西23キロメートル、桃園台地上に位置する。全県人口173万2617(2000)、人口の半数が客家(ハッカ)である。台湾最大の茶の産地。溜池灌漑(ためいけかんがい)が多く、近くの石門ダムと桃園大(たいせん)の灌漑施設により稲作も盛んで、台湾北部の穀倉地となっている。東6キロメートルに中正国際空港(桃園国際空港)があり、縦貫鉄道、南北高速道路が通る交通の要衝でもある。北部工業地帯の周辺部として工業、とくに紡績、化学工業が発展している。[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桃園の関連情報