コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活作り いけづくり

1件 の用語解説(活作りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

活作り
いけづくり

生きた魚を頭,尾,大骨をそのまま残し肉を刺身にし,再びもとの形に戻して出す料理。たい,伊勢えび,こいなどが料理される。こいは特に活力があり,片身を切っても背骨さえ傷つけなければ,水に戻すと息をしたり,食膳に載せてから1時間ぐらいは口を動かしているところからこの名が出たという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活作りの関連キーワード意のまま存置肉を切らせて骨を切る孫引き生け作り大骨川獺の祭ツーブロックカット干し肉干肉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

活作りの関連情報