コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活動銀河 かつどうぎんがactive galaxy

知恵蔵の解説

活動銀河

銀河中心核領域から膨大なエネルギーを放射している銀河。その種の銀河中心核を活動銀河核(AGN)と呼ぶ。このエネルギーは、銀河中心核にある超大質量ブラックホール(質量は太陽質量の約100万〜10億倍)から放射される。ブラックホールにガスが流れ込もうとすると、周りに回転する円盤(降着円盤=accretion disk)を作る。その中で角運動量を失ったガスはブラックホールに落ち込む。この過程で解放された重力エネルギーは粘性で降着円盤を加熱、数万〜10万℃になったガスからは熱放射が出る。AGNからの放射光度が太陽光度の1兆倍以上のものをクェーサー、それ以下は発見者の名前をとりセイファート銀河核と呼ぶ。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

活動銀河の関連キーワードコンプトンγ線観測衛星スピッツァー宇宙望遠鏡フェルミγ線宇宙望遠鏡チャンドラX線望遠鏡とかげ座BL型天体シンクロトロン放射全天X線監視装置活動銀河中心核宇宙背景放射紫外線天文学NuSTAR宇宙ジェット活動銀河中心γ線天文学X線天文学クエーサージャコーニ超光速運動ブレーザー赤外線銀河

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android