コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活動銀河 かつどうぎんがactive galaxy

知恵蔵の解説

活動銀河

銀河中心核領域から膨大なエネルギーを放射している銀河。その種の銀河中心核活動銀河核(AGN)と呼ぶ。このエネルギーは、銀河中心核にある超大質量ブラックホール(質量は太陽質量の約100万〜10億倍)から放射される。ブラックホールにガスが流れ込もうとすると、周りに回転する円盤(降着円盤=accretion disk)を作る。その中で角運動量を失ったガスはブラックホールに落ち込む。この過程で解放された重力エネルギーは粘性で降着円盤を加熱、数万〜10万℃になったガスからは熱放射が出る。AGNからの放射光度が太陽光度の1兆倍以上のものをクェーサー、それ以下は発見者の名前をとりセイファート銀河核と呼ぶ。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

活動銀河の関連情報