コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流動点 りゅうどうてんpour point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流動点
りゅうどうてん
pour point

原油や石油製品の低温時における流動性を示す指数。不純物を含まない純物質は冷却するにつれ一定の温度で液体から固体に変化するが,各種炭化水素の複雑な混合物である石油は,はっきりした融点をもたないので,一定の条件下で流動しなくなる温度を測定してこれを流動点としている。日本工業規格 JISによれば,実際上は試料が完全に流動しなくなる点よりも 2.5℃高い温度を流動点としており,2.5℃の整数倍で示される。流動点は石油製品が固まらない最低温度の目安として実用上大切な要素であり,特に寒冷地における貯蔵,輸送,使用機器の設計などに不可欠な指標である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

流動点の関連キーワードクラッキング(石油化学工業)ディーゼル燃料シェールオイル流動点降下剤トランス油モーター油潤滑油脱ろう重油