流矢(読み)リュウシ

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐し〔リウ‐〕【流矢】

的を外れた矢。ながれ矢。それ矢。
飛んでくる矢。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ながれ‐や【流矢】

〘名〙
① ねらいをそれて飛ぶ矢。また、どこからともなく飛んで来る矢。それ矢。
※今昔(1120頃か)二五「頼時遂に流矢に当て、鳥の海の楯にして死ぬ」
② 鏃(やじり)に名字を彫りつけてない矢。〔譬喩尽(1786)〕

りゅう‐し リウ‥【流矢】

〘名〙
① ながれ矢。流箭(りゅうせん)。〔広益熟字典(1874)〕 〔礼記‐檀弓上〕
② 飛んでくる矢。
※東大寺文書‐四ノ八・天喜三年(1055)一〇月九日・伊賀守小野守経請文「忽然従東西山中流矢如雨脚」 〔荀子‐彊国〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android