コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄心 じょうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄心
じょうしん

12世紀後期から 13世紀前期にかけて活躍した天台宗大原流の声明家。家寛 (けかん) の孫弟子。声明を理論的に整備し,改革した同門湛智 (たんち) が新流とされるのに対し,浄楽理唱法に古風を保守したことから古流と呼ばれる。この2流はしばらく並存したが,浄心流は衰滅し,今日の大原流は湛智の流れをくんでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

浄心の関連キーワード熊本県球磨郡湯前町瀬戸口石村近江(4代)吉沢検校(2代)近世風俗見聞集葉山岡右衛門朋誠堂喜三二湯前(町)橋本 明治心性本浄説高野山文書慶長見聞集誹諧初学抄北条五代記津田 白印永応女王一条内基妙清の乱津田白印上杉謙信滝口入道

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄心の関連情報