コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄心(読み)じょうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄心
じょうしん

12世紀後期から 13世紀前期にかけて活躍した天台宗大原流の声明家。家寛 (けかん) の孫弟子。声明を理論的に整備し,改革した同門湛智 (たんち) が新流とされるのに対し,浄楽理唱法に古風を保守したことから古流と呼ばれる。この2流はしばらく並存したが,浄心流は衰滅し,今日の大原流は湛智の流れをくんでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄心の関連情報