コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家寛 けかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家寛
けかん

12世紀後期の天台宗大原流の声明家。良忍高弟後白河法皇の声明師範をつとめた。承安2 (1172) 年 (その翌年という説もある) ,法皇の請により『声明集二巻抄』を撰し,『声明集序』を献上した。これがのちに宗快編の『声明集』や憲真編の『六巻帖』の原本となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

家寛 けかん

?-? 平安時代後期の僧。
良忍に天台宗大原流声明(しょうみょう)をまなぶ。後白河法皇の声明師範で,承安(じょうあん)3年(1173)法皇の要請により「魚山声明集」を編集した。通称は瓦坂法印。号は乗(常)楽房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

家寛

生年:生没年不詳
平安末期に活躍した天台宗大原流の声明家。字は乗(常)楽房。大原流中興の祖とされる良忍の弟子。後白河法皇の声明師範であったと伝えられ,承安2(1172)年または同3年に,法皇の請をうけて『声明集』を編述した。これが,大原流で現在も規範として尊重される,いわゆる魚山版の『六巻帖』の原本となったという。

(高橋美都)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の家寛の言及

【魚山声明六巻帖】より

…《魚山顕密声明集略本》《魚山集略(本)》《魚山六巻帖》《六巻帖》《声明集》などの名称を持つ。1172年(承安2)または73年良忍の高弟家寛(けかん)は,後白河法皇に声明を伝授するにあたって,声明集を選上した。のちに,この声明集から常用の曲を抄出して6巻(6帖)の体裁としたものが現れ,これが通称〈六巻帖〉の名で天台声明の基本的な曲集の位置を占めるにいたった。…

※「家寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家寛の関連キーワード伊藤伝右衛門(1)曽我廼家寛太郎魚山声明六巻帖猪口万右衛門曾根原六蔵国東治兵衛吉田重賢菊永検校本多利明石井盈比青木包高斎藤中立安倍季政観験生年浄心湛智

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家寛の関連情報