コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家寛 けかん

3件 の用語解説(家寛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家寛
けかん

12世紀後期の天台宗大原流の声明家。良忍の高弟。後白河法皇の声明師範をつとめた。承安2 (1172) 年 (その翌年という説もある) ,法皇の請により『声明集二巻抄』を撰し,『声明集序』を献上した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

家寛 けかん

?-? 平安時代後期の僧。
良忍に天台宗大原流声明(しょうみょう)をまなぶ。後白河法皇の声明師範で,承安(じょうあん)3年(1173)法皇の要請により「魚山声明集」を編集した。通称は瓦坂法印。号は乗(常)楽房。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

家寛

生年:生没年不詳
平安末期に活躍した天台宗大原流の声明家。字は乗(常)楽房。大原流中興の祖とされる良忍の弟子。後白河法皇の声明師範であったと伝えられ,承安2(1172)年または同3年に,法皇の請をうけて『声明集』を編述した。これが,大原流で現在も規範として尊重される,いわゆる魚山版の『六巻帖』の原本となったという。

(高橋美都)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の家寛の言及

【魚山声明六巻帖】より

…《魚山顕密声明集略本》《魚山集略(本)》《魚山六巻帖》《六巻帖》《声明集》などの名称を持つ。1172年(承安2)または73年良忍の高弟家寛(けかん)は,後白河法皇に声明を伝授するにあたって,声明集を選上した。のちに,この声明集から常用の曲を抄出して6巻(6帖)の体裁としたものが現れ,これが通称〈六巻帖〉の名で天台声明の基本的な曲集の位置を占めるにいたった。…

※「家寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家寛の関連情報