コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄瑠璃古今序 じょうるりこきんのじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浄瑠璃古今序
じょうるりこきんのじょ

義太夫節浄瑠璃の曲名。節事1段。宝永4 (1707) 年3月豊竹座で『増補日向景清』の切,同8年正月豊竹座で『本朝五翠殿』 (紀海音作) の切としての上演の記録もあるが,成立は正徳4 (14) 年以降とも考えられる。元文3 (38) 年豊竹座改築祝儀披露『丹生山田青海剣 (にふのやまだあおうみのつるぎ) 』の切としても再演。竹本義太夫と交渉のあった古浄瑠璃の先人,井上播磨掾,岡本文弥,江戸土佐少掾,宇治加賀掾,道具屋吉右衛門および竹本筑後掾 (義太夫) を『古今和歌集』の序の六歌仙になぞらえて,その芸風を短評し,それぞれの当り文句でフシを聞かせた「浄瑠璃尽し」。テキストは豊竹上野少掾の『本朝五翠殿』の正本 (31以前刊) に付として収められる。現代伝わっていない古浄瑠璃の曲節を推定する資料としても重要。松屋清七 (1世鶴沢清七) の「朱」によると伝えられる三味線の譜などを中心に細川景正,町田佳聲らの研究があり,1957年2世鶴沢清八が全曲を復元している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android