コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本文弥 オカモトブンヤ

デジタル大辞泉の解説

おかもと‐ぶんや〔をかもと‐〕【岡本文弥】

[1633~1694]江戸前期の古浄瑠璃太夫。大坂の人。大坂道頓堀伊藤出羽掾座で活躍。文弥の泣き節といわれる文弥節の始祖。→文弥節

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

岡本文弥【おかもとぶんや】

古浄瑠璃(こじょうるり)の文弥節の演奏家(太夫)。初世〔1633-1694〕は大坂道頓堀(どうとんぼり)の伊藤出羽掾(でわのじょう)座で語り出し,人気を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おかもとぶんや【岡本文弥】

1633~1694) 江戸前期の浄瑠璃太夫。大坂の人。延宝年間(1673~1681)伊藤出羽掾座に出演。大坂を中心に流行した文弥節の始祖。
1895~1996) 新内節太夫。本名井上猛一。東京生まれ。岡本派新内を再興し、古典以外に「西部戦線異常なし」などの自作新内も発表。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡本文弥
おかもとぶんや

生没年不詳。延宝(えんぽう)~元禄(げんろく)(1673~1704)ごろの浄瑠璃太夫(じょうるりたゆう)。1679年(延宝7)刊の『難波雀(なにわすずめ)』の書中には、大坂の伊藤出羽掾座(でわのじょうざ)で活躍し、文弥節がもてはやされ一時は大いに流行したありさまが書かれている。『名人忌辰録(めいじんきしんろく)』に元禄7年(1694)没したと記されているが、芸歴とともに明らかでない。伊藤出羽掾を初世とする説がある。文弥節は元禄後期には義太夫(ぎだゆう)節に押されて衰絶し、いまでは義太夫、一中豊後(いっちゅうぶんご)系浄瑠璃などに、「文弥」という曲節を残すのみとなっている。曲風は哀婉(あいえん)な軟派風とみえて、泣き節とも称せられた。なお、新内節(しんないぶし)の4世家元岡本文弥(1895―1996)は、文弥節とは関係がない。また現在、佐渡の郷土芸能に文弥節の名が残っている。[林喜代弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岡本文弥の言及

【浄瑠璃】より

… 大坂では京,江戸に比して寛永ころは低調であったが,1648年(慶安1)に伊藤出羽掾は二郎兵衛ほかとともに《親鸞記》を上演して本願寺より禁止されている(《粟津家文書》)から,このときすでに出羽掾を受領しており(《町人受領記》は1658年),操り座をもっていた。この座で活躍した太夫に大坂二郎兵衛,岡本文弥(文弥節)がある。文弥の語り物に《四十八願記》《善光寺》などがあり,泣き節と呼ばれた。…

【文弥節】より

…浄瑠璃の曲節および流派名。初世岡本文弥(1633‐94)が語り出した古浄瑠璃の曲節で,延宝~元禄期(1673‐1704)に京坂で流行した。初世岡本文弥は大坂道頓堀の伊藤出羽掾座で語り出して人気を集め,2世(生没年不詳)がそのあとを受け継いだらしいが,盛期は長くなかった。…

※「岡本文弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡本文弥の関連キーワード俳句(文学)三井高利ショメル梅津政景ハーバートケアリー地方直し徳川家光天文学史(年表)岡本文弥(1世)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡本文弥の関連情報