コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅利与一 あさり よいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅利与一 あさり-よいち

1149-1221 鎌倉時代の武士。
久安5年生まれ。武田信義の弟。逸見流弓術の創始者逸見清光の子。壇ノ浦の戦いで,平家方の武将仁井親清(にい-ちかきよ)を遠矢にいてその胸をつらぬき武名をあげた。また城資盛(じょう-すけもり)を攻めたときにはその叔母で勇婦といわれた板額(はんがく)を捕らえ,のちに将軍源頼家の許しをえて妻とした。承久(じょうきゅう)3年死去。73歳。名は義遠,義成,遠忠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浅利与一の関連キーワードレリダ海陵王葉室家十字軍史(年表)安東忠家一条信能鏡久綱糟屋有久加藤景廉五条有範

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android