コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜光雄 はま みつを

1件 の用語解説(浜光雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜光雄 はま みつを

1933-2011 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和8年9月20日生まれ。昭和31年信州児童文学会の結成に参加し,機関誌「とうげの旗」の編集長となる。郷里長野県の風土と人をかきつづけ,54年「春よこい」で赤い鳥文学賞,58年「レンゲの季節」で塚原健二郎文学賞,平成2年「赤いヤッケの駅長さん」で産経児童出版文化賞。平成23年2月22日死去。77歳。信州大卒。ペンネームは「はま みつを」。短編集に「わが母の肖像」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

浜光雄の関連キーワード伊藤貞夫宇井理生大塩正義木幡陽篠原健治築島裕槌田敦野田宣雄藤木久志松本徹

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone