コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジオストク Vladivostok/Владивосток

デジタル大辞泉の解説

ウラジオストク(Vladivostok/Владивосток)

ロシア連邦東部、沿海地方の中心都市。ロシア語で「東方を治めよ」の意。日本海に面し、漁業貿易軍事における重要な港湾を擁す。1860年建設。1903年にモスクワとの間にシベリア鉄道が開通した。人口行政区58万、都市圏61万(2008)。
[補説]「浦塩斯徳」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ウラジオストク【浦塩斯徳】

ロシア連邦、沿海州南部の日本海に面する港湾都市。造船・機械・金属などの工業が発達。軍港としても知られる。シベリア鉄道の終点。冬季は凍結。ウラジオストック。ウラジボストーク。 〔「浦塩斯徳」とも当てた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ウラジオストクの関連キーワード分駐

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウラジオストクの関連情報