浦添朝熹(読み)うらそえ ちょうき

美術人名辞典の解説

浦添朝熹

琉球王の摂政尚真王の第三子尚韶威の子孫。唐名は尚元魯。江戸及び薩州に使を奉じ往来する。和歌を石川大樹園・香川景樹に学び、また漢詩集を刊行した。嘉永7年(1854)歿、享年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦添朝熹 うらそえ-ちょうき

?-? 琉球の政治家。
尚真王の第3子尚韶威の子孫。1835年から52年にかけて国相(摂政(せっせい))をつとめ,王子の位をおくられる。1842年慶賀正使として江戸で12代将軍徳川家慶(いえよし)と会見。香川景樹(かげき)に和歌をまなび,沖縄三十六歌仙のひとり。唐名は尚元魯。著作に漢詩集「東遊草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android