浦添朝熹(読み)うらそえ ちょうき

美術人名辞典の解説

浦添朝熹

琉球王の摂政尚真王の第三子尚韶威の子孫。唐名は尚元魯。江戸及び薩州に使を奉じ往来する。和歌を石川大樹園・香川景樹に学び、また漢詩集を刊行した。嘉永7年(1854)歿、享年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浦添朝熹 うらそえ-ちょうき

?-? 琉球の政治家。
尚真王の第3子尚韶威の子孫。1835年から52年にかけて国相(摂政(せっせい))をつとめ,王子の位をおくられる。1842年慶賀正使として江戸で12代将軍徳川家慶(いえよし)と会見。香川景樹(かげき)に和歌をまなび,沖縄三十六歌仙のひとり。唐名は尚元魯。著作に漢詩集「東遊草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android