コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)構造 ウキコウゾウ

デジタル大辞泉の解説

うき‐こうぞう〔‐コウザウ〕【浮(き)構造】

軟弱な地盤のとき、建物の底面全部を基礎盤として、土の上に浮いているような形式の構造。
振動を防止するために、天井・壁・床などを弾力性のあるゴム・コルクなどで支持し、主体構造から遮断した構造。録音室・放送室などに使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浮(き)構造の言及

【音響設計】より

…そのため最近では,主体構造部分と内装の床との間に防振材を入れ,防振材によって内装の床を支持する浮床工法をはじめとして種々の防振床構造が採用されている。また録音スタジオや音響実験室など高い遮音性能を必要とする室では,空気音と固体音の両方の影響を受ける室全体を防振材で支持する浮構造が採用されている。
[空調設備の騒音対策]
 暖房,冷房,換気のための空調設備では,給排気ダクトを通して,送風機などで発生した騒音が室内に伝わる。…

※「浮(き)構造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浮(き)構造の関連キーワード建物形式地盤