海底ケーブル敷設船(海底ケーブル布設船)(読み)かいていケーブルふせつせん(英語表記)cable layer

世界大百科事典 第2版の解説

かいていケーブルふせつせん【海底ケーブル敷設船(海底ケーブル布設船) cable layer】

ケーブル敷設船ともいう。海底に通信用や電力用のケーブルを敷設,埋設したり,損傷ケーブルなどを引き揚げ修理し再埋設する目的に使用される船。定められたルートに沿ってケーブル埋設機を曳引するため,船位測定装置やソナーなどの精密機器を装備する場合が多い。敷設ケーブルは,船首端あるいは船尾に設けられた滑車から,きょう導環と呼ぶガイドリングを通って埋設機に供給され,滑車は波浪による衝撃を避けるため船内格納式となる場合もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の海底ケーブル敷設船(海底ケーブル布設船)の言及

【敷設艦】より

…機雷は投下軌条の下に装備されているチェーンコンベヤにより,急速にかつ一定間隔に艦尾の投下口より海中に投下敷設される。現在,海上自衛隊の艦船分類では,敷設艦とは海底ケーブルを敷設,修理する艦cable layerのことで,機雷を敷設する艦は,機雷敷設艦と称されている。【出光 照生】。…

※「海底ケーブル敷設船(海底ケーブル布設船)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android