コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船倉/船艙 センソウ

3件 の用語解説(船倉/船艙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐そう〔‐サウ〕【船倉/船×艙】

船舶で、貨物を積んでおく所。上甲板下方にあり、隔壁で囲まれる。ふなぐら。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

船倉【せんそう】

船に貨物を積載する区画で,一般に船の中央部機関室を除き前後に設ける。ハッチ(貨物または人の出入のため設けた甲板の開口部の総称)から貨物を出し入れする。油,鉱石などを水密区画に積む場合はタンクと呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船倉
せんそう

船の貨物その他を積載する区画。船体は水密横隔壁でいくつかの区画に仕切られている。船首と船尾の両端を船首倉、船尾倉といい、海水または清水のタンクとして使われる。貨物船では、これらと機関室との間の各区画が貨物倉となる。船首のほうから番号をつけて一番貨物倉、二番貨物倉のようによぶ。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船倉/船艙の関連キーワード貨物船客船コンテナ船電車貨車過積載載貨積載船腹船積み

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone