ケーブル敷設船(読み)ケーブルふせつせん(英語表記)cable ship; cable layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーブル敷設船
ケーブルふせつせん
cable ship; cable layer

海底電線敷設船ともいう。海底電線を敷設,あるいは修理する設備をもった作業船。船倉に電線を巻いて貯蔵するケーブル・タンクをもち,突出した船首の先端にケーブル嚮導用の大滑車2台と,その間にはさまれた小滑車1台を装備し,船尾にもう1台の大滑車を備えている。ケーブル・タンクには,大型船で 3200kmのケーブルを収めることができる。敷設は,速度3~8knで行われる。最初の大洋横断電線の敷設は,大西洋で 1866年にニューファンドランドのハーツコンテントとアイルランドバレンシアの間で『グレート・イースタン』号によって行われた。日本電信電話の『黒潮丸』 (3344総t) は海底ケーブル自動敷設を行うため,コンピュータを導入し,それによって船位,船速測定,自動操船などを可能にした船で,鋤式のケーブル埋設機で海底線を埋めていく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケーブル‐ふせつせん【ケーブル敷設船】

国際電話用ケーブルの敷設や修理をする船。船首にローラーや巻き上げ機など特殊な設備をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のケーブル敷設船の言及

【海底ケーブル敷設船(海底ケーブル布設船)】より

…ケーブル敷設船ともいう。海底に通信用や電力用のケーブルを敷設,埋設したり,損傷ケーブルなどを引き揚げ修理し再埋設する目的に使用される船。…

※「ケーブル敷設船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android