コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底大地形 かいていだいちけい ocean floor topography

1件 の用語解説(海底大地形の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

海底大地形

世界の海洋(海水面下の地表)の面積の合計は3億6106万平方キロ。これは、地球表面積(5億995万平方キロ)の70.8%に当たる。海洋底の面積を水深1000m刻みで比べると、4000〜5000mの間が最も大きく全体の33%。3000〜6000mでは76%に達し、平らな海盆を形づくる。大陸と島弧の縁に広がる大陸棚大陸斜面の面積は5540万平方キロで、海洋全体の15.3%に相当する。地殻構造上、大陸と共通するこの部分を除けば、純粋な海洋底の総面積は地球全表面の59.9%で、平均水深は4753m。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海底大地形の関連キーワード海洋ペントハウス面積水圏水面下何の面下げて鳥山延べ面積延坪延床面積

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone