コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海技士国家試験 カイギシコッカシケン

1件 の用語解説(海技士国家試験の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいぎし‐こっかしけん〔‐コクカシケン〕【海技士国家試験】

20トン以上の大型船舶を運航する海技士船舶職員)になるための国家試験。各地方運輸局で年4回行われ、合格すると海技免状が交付される。航海・機関・通信・電子通信の4分野があり、航行区域・船のトン数・出力機関などによって等級分けされている。内航船員になるには4級、外航船員になるには3級の海技士資格(航海)を取得するのが一般的。20トン未満の小型船舶を操船するためには小型船舶操縦士の免許が必要となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone