コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航行区域 コウコウクイキ

世界大百科事典 第2版の解説

こうこうくいき【航行区域】

船舶の航行の安全を確保するために,各国がその諸事情に応じて定めている自国の国籍を有する船舶の航行できる範囲。日本では船舶安全法によって航行区域は平水区域,沿海区域,近海区域,遠洋区域の4種に区分されている。これらの各区域は船舶の大きさ,構造,設備,用途および航路の状況を考慮して監督管庁の船舶検査によって指定され,特別な場合を除いて船舶はこの区域をはみ出して航行することはできない。平水区域は湖,川,港内や外海に比べて航海環境の穏やかな湾内,例えば東京湾,大阪湾,瀬戸内海(一部を除く)をいい,沿海区域は海岸から20カイリ以内の区域をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうこうくいき【航行区域】

船舶の構造・強度・設備などに応じて、法規上定められた船舶が航行できる水域。平水区域・沿海区域・近海区域・遠洋区域の四種に分ける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

航行区域の関連キーワード内河航行権[中国]小型船舶操縦免許海技士国家試験無線方位測定機小型船舶操縦士船舶消防設備海技免状練習船航海士強度水域

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

航行区域の関連情報