海技士(読み)カイギシ

デジタル大辞泉の解説

かいぎ‐し【海技士】

船舶職員及び小型船舶操縦者法」に基づく、大型船舶を操縦するために必要な資格の一種。有資格者には海技免状が交付される。海技士(航海)、海技士(機関)、海技士(通信)、海技士(電子通信)の4種類があり、それぞれに複数の等級がある。→海技士国家試験小型船舶操縦士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいぎし【海技士】

海技従事者国家試験に合格し、指定の講習を受けた者に与えられる免許の区分。航海・機関・通信・電子通信に分けられ、それぞれ等級があり乗船履歴により受験できる免許の種類が限定される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海技士の関連情報