コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶職員 センパクショクイン

大辞林 第三版の解説

せんぱくしょくいん【船舶職員】

海技従事者免許を取得し、船長・航海士・機関長・機関士・通信長・通信士または運航士の職務を行う者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の船舶職員の言及

【船員】より

…船員のうち,船長以外の乗組員を海員といい,船員法では総トン数5トン未満の船舶,湖,川または港のみを運航する船舶および政令の定める総トン数30トン未満の漁船を除き,現実に乗り組んでいる船長と海員のほかに,乗船を待機中の予備船員を含めて船員と規定している。船員の地位については,日本では船員法で明らかにされているほか,関連する法規として,船舶職員法,海難審判法,船員職業安定法,船員保険法などがある。 船員の職務は帆船時代には単純であったので,その職制も現在と比較して単純であった。…

※「船舶職員」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

船舶職員の関連キーワード小型船舶操縦免許機関士[船舶]小型船舶操縦士小型船舶操縦者海技士国家試験救命胴衣の着用東京商船大学和田 春生海難審判所オフィサー船舶職員法船員教育商船学校海技免状高級船員運航士海技士航路海難漁船

船舶職員の関連情報