海洋底変成作用(読み)かいようていへんせいさよう(英語表記)ocean-floor metamorphism

岩石学辞典の解説

海洋底変成作用

海嶺や海底で高い地温勾配のもとで海水の浸透と循環によって大洋底上の海洋地殻,上部マントルで起こる玄武岩,ドレライト,斑糲(はんれい)岩などが受ける熱水変成作用に似た変成作用[都城ほか : 1971, 周藤, 小山内 : 2002].最も普通なものは中央海嶺(mid-ocean ridge)で,高い熱流と地温勾配による埋没変成作用(burial metamorphism)と熱水変成作用(hydrothermal metamorphism)である.深さが増すと累進的に新しい鉱物が形成される.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android