コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋底変成作用 かいようていへんせいさようocean-floor metamorphism

1件 の用語解説(海洋底変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

海洋底変成作用

海嶺や海底で高い地温勾配のもとで海水の浸透と循環によって大洋底上の海洋地殻上部マントルで起こる玄武岩ドレライト,斑糲(はんれい)岩などが受ける熱水変成作用に似た変成作用[都城ほか : 1971, 周藤, 小山内 : 2002].最も普通なものは中央海嶺(mid-ocean ridge)で,高い熱流と地温勾配による埋没変成作用(burial metamorphism)と熱水変成作用(hydrothermal metamorphism)である.深さが増すと累進的に新しい鉱物が形成される.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone