コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋底変成作用 かいようていへんせいさよう ocean-floor metamorphism

1件 の用語解説(海洋底変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

海洋底変成作用

海嶺や海底で高い地温勾配のもとで海水の浸透と循環によって大洋底上の海洋地殻上部マントルで起こる玄武岩ドレライト,斑糲(はんれい)岩などが受ける熱水変成作用に似た変成作用[都城ほか : 1971, 周藤, 小山内 : 2002].最も普通なものは中央海嶺(mid-ocean ridge)で,高い熱流と地温勾配による埋没変成作用(burial metamorphism)と熱水変成作用(hydrothermal metamorphism)である.深さが増すと累進的に新しい鉱物が形成される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海洋底変成作用の関連キーワード地温勾配地殻熱流量中央海嶺天然橋海盆(かいぼん)勾配標地温温度勾配斜面勾配の法則根掛かり

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone