コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海洋底変成作用 かいようていへんせいさようocean-floor metamorphism

岩石学辞典の解説

海洋底変成作用

海嶺や海底で高い地温勾配のもとで海水の浸透と循環によって大洋底上の海洋地殻,上部マントルで起こる玄武岩,ドレライト,斑糲(はんれい)岩などが受ける熱水変成作用に似た変成作用[都城ほか : 1971, 周藤, 小山内 : 2002].最も普通なものは中央海嶺(mid-ocean ridge)で,高い熱流と地温勾配による埋没変成作用(burial metamorphism)と熱水変成作用(hydrothermal metamorphism)である.深さが増すと累進的に新しい鉱物が形成される.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

海洋底変成作用の関連キーワード神居古潭変成帯海嶺変成作用

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android