コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱水変成作用 ねっすいへんせいさようhydrothermal metamorphism

岩石学辞典の解説

熱水変成作用

岩石が火成岩から放出される熱水と反応して鉱物組成や化学組成を変える作用で,熱水変質作用と同義.広義の変成作用に含まれると考えてもよいが,この過程では岩石中の固体が熱水を媒介として反応するよりも,鉱物と熱水との反応が主要であるために変成作用には含めないことが多い[片山ほか : 1970].主として岩石の割れ目を通って熱い溶液やガスが浸透して付近の岩石の鉱物が変化する変成作用をいう[Coombs : 1961].ハイダトサーマル変成作用(hydatothermal metamorphism)[Bunsen : 1847].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

熱水変成作用の関連キーワード水苛性変成作用海洋底変成作用メタ角閃岩蛇紋石ろう石粘土

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android