コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱水変成作用 ねっすいへんせいさよう hydrothermal metamorphism

1件 の用語解説(熱水変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

熱水変成作用

岩石が火成岩から放出される熱水と反応して鉱物組成化学組成を変える作用で,熱水変質作用と同義.広義の変成作用に含まれると考えてもよいが,この過程では岩石中の固体が熱水を媒介として反応するよりも,鉱物と熱水との反応が主要であるために変成作用には含めないことが多い[片山ほか : 1970].主として岩石の割れ目を通って熱い溶液やガスが浸透して付近の岩石の鉱物が変化する変成作用をいう[Coombs : 1961].ハイダトサーマル変成作用(hydatothermal metamorphism)[Bunsen : 1847].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱水変成作用の関連キーワード塩基性酸化物変成岩火成噴出火山岩塊熱水溶液火成岩起源ハイダト変成岩火成岩石区反応原理(火成岩成因論)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone