コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海雲台 かいうんだい

2件 の用語解説(海雲台の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

海雲台【かいうんだい】

韓国,慶尚南道南東端,釜山の北東18kmにある温泉場で,ホテル,旅館が軒を並べている。泉質は無色透明の含アルカリ土単純食塩泉で,45〜50℃。夏は海水浴場としてにぎわう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海雲台
かいうんだい / ヘウンデ

韓国(大韓民国)の南東端、釜山(ふざん/プサン)広域市東莱(とうらい)区の一部。釜山駅から北東に18キロメートル離れた海岸地域で、温泉と海水浴場で有名。背山臨海の地形で風景が美しい。温泉は水温45~50℃、アルカリ性単純食塩水で、ラジウム分をわずかに含む。交通が便利で保養客が多いが、とくに夏には海水浴客で混雑する。付近に東莱温泉、梵魚(ぼんぎょ)寺、北に通度寺などがあり観光的価値が高い。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海雲台の関連キーワードK品位

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海雲台の関連情報