コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵魚寺 ぼんぎょじ Pǒmǒ-sa

4件 の用語解説(梵魚寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梵魚寺
ぼんぎょじ
Pǒmǒ-sa

韓国,釜山市東莢区にある寺院。山号は金井山。新羅,文武王 18 (678) 年に義湘が創建。華厳仏教十刹の一つで,大雄殿前の3層石塔は国宝となっており,韓国では重要な仏寺の一つである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

梵魚寺【ぼんぎょじ】

韓国,釜山市東莱区にある寺。新羅(しらぎ)末期の835年創建。華厳(けごん)教学の中心で,一山360余の堂宇を誇ったが,1592年文禄(ぶんろく)の役(壬辰倭乱(じんしんわらん))のため焼失。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぼんぎょじ【梵魚寺】

韓国,釜山市東萊区青竜洞の寺。835年(新羅興徳王10)の創建。伽藍は1592年の豊臣秀吉による壬辰の乱(文禄の役)により灰燼(かいじん)に帰し,1602年再建後,再び火災にあい頽落した。現在の伽藍は1613年高僧妙金和尚の再建と伝えられる。創建時の遺構としては,大雄殿前方下壇の左右に並ぶ石塔,石灯がある。3層石塔の2層基壇には上・下壇とも格狭間があり,石灯は竿石に比べて火袋が大きく,台座蓮弁は肉厚で時代の特徴をよく表している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梵魚寺
ぼんぎょじ

韓国(大韓民国)、釜山(ふざん)広域市にある寺。山号は金井(きんせい)山。旧朝鮮三十一本山の一つ。新羅(しらぎ)662年(一説に835年)海東華厳(かいとうけごん)の初祖義湘(ぎしょう)の創建。慶尚北道の太白山(たいはくさん)浮石寺とともに華厳伝教十刹(じっさつ)の一つ。1592年日本軍の兵火にかかって焼失したが、1602年春観禅師が再建。ふたたび火災にあったが、1613年秋、妙全が重建した。現在も大雄殿、毘盧(びる)殿、龍華(りゅうげ)殿などの建造物を中心として壮麗な伽藍(がらん)および塔頭(たっちゅう)が並ぶ。なかでも、大雄殿は三間三面、単層切妻造で、構造・装飾ともに繊細華麗を極め、なおかつ雄健の風を帯びており、内陣の仏壇も荘厳きわまりないものである。創建時の遺構に石塔、石灯がある。諸方に末寺33か寺を有する。[里道徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梵魚寺の関連キーワード釜山窯青竜旗釜山の射撃場火災兵庫県神戸市東灘区青木岡山県岡山市北区青江岡山県岡山市南区青江福岡県福岡市東区青葉趙容弼東萊[温泉]呂東萊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone