コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸透還流 しんとうかんりゅう seepage reflux

1件 の用語解説(浸透還流の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

浸透還流

炭酸塩堆積物を通して海岸湖に海水が浸出する作用で,引き続いて濃縮された湖水が海に戻ってくる.堆積物のドロマイト化作用を起こすと考えられている[Adams & Rodgers : 1960].一般に,いったん蒸気などになったものが凝縮して液となり再びもとに戻る過程を還流(reflux)という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浸透還流の関連キーワード地向斜ボーキサイトオープンスペース構造グロメロクラスティックパウロ粒度イントラクラストオルソケムオンコイド塩類堆積物海成蒸発岩アルカリ炭酸塩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone