消費者自己責任(読み)しょうひしゃじこせきにん

知恵蔵の解説

消費者自己責任

消費者行政が消費者保護から自立支援に転換してきている中、消費者が消費者の権利を理解し、それと表裏の関係にある義務を知り、進んで関連情報を得るなどして、できうる限り自らの責任で消費行動をとること。しかしながら、産業界と一般消費者には専門情報の質と量に格段の差があり、消費者の自己責任には自ずと限界がある。実際消費者トラブルでは、産業界に非が認められる場合が多い。

(篠崎悦子 ホームエコノミスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android