涙弁慶(読み)あんだべんけい

  • なんだべんけい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「あんだ」は「なみだ」の変化したもの) 泣き意地を張ること。転じて、負けるものかと意地を立て通したり、負けずぎらいを押し通す意を表わす近世初期の流行語。奴言葉から出たものか。
※随筆・正事記(1665)一「こしょく あんた弁慶、此ごろの言葉なり」
〘名〙 (「なみだべんけい(涙弁慶)」の変化した語) =なきべんけい(泣弁慶)
※狂歌・後撰夷曲集(1672)三「爰でなげとっこへそっこへやるまいぞなんた弁慶むさしのの虫」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android