涙茸(読み)なみだたけ

精選版 日本国語大辞典「涙茸」の解説

なみだ‐たけ【涙茸】

〘名〙 担子類イドタケ科のきのこ。木造家屋の床板土台などに生えてこれを腐らせる。子実体膜状で基物面にひろがり径一メートルにも達する。生育時は柔軟な肉質だが乾くともろい革質となる。周辺は白く、しばしば扇状にひろがった菌糸層でふちどられ、子実層の表面には不規則な網目状のがあり、はじめ黄褐色、のち、暗褐色となる。生育中の子実体から水滴を分泌する性質があるところからこの名がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「涙茸」の解説

なみだ‐たけ【涙×茸】

イドタケ科のキノコ木材を腐らせる菌で、建物の湿った所などに繁殖し、扇形に広がり、白色から暗褐色になる。発育中は水分を含み、涙のように水滴を出すのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android