コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涙茸 ナミダタケ

2件 の用語解説(涙茸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なみだ‐たけ【涙×茸】

イドタケ科のキノコ。木材を腐らせる菌で、建物の湿った所などに繁殖し、扇形に広がり、白色から暗褐色になる。発育中は水分を含み、涙のように水滴を出すのでいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なみだたけ【涙茸】

担子菌類ヒダナシタケ目のきのこ。木造建築物の有害菌。多湿の状態でこの菌糸が木材に蔓延まんえんすると表面はそのままで内部は脆もろくなり、下面に黄色、乾くと黒色の皺しわ状のきのこを生じる。生体はしばしば著しく水滴を出すのでこの名がある。家菌かきん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

涙茸の関連キーワードカンゾウタケ(肝臓茸)ベニタケ(紅茸)藍茸栗茸猿の腰掛作り茸針茸カワラタケシメジ腐敗細菌

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone