コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涙茸 ナミダタケ

デジタル大辞泉の解説

なみだ‐たけ【涙×茸】

イドタケ科のキノコ木材を腐らせる菌で、建物の湿った所などに繁殖し、扇形に広がり、白色から暗褐色になる。発育中は水分を含み、涙のように水滴を出すのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なみだたけ【涙茸】

担子菌類ヒダナシタケ目のきのこ。木造建築物の有害菌。多湿の状態でこの菌糸が木材に蔓延まんえんすると表面はそのままで内部は脆もろくなり、下面に黄色、乾くと黒色の皺しわ状のきのこを生じる。生体はしばしば著しく水滴を出すのでこの名がある。家菌かきん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

涙茸の関連キーワード黒色下面蔓延生体菌糸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android