涙茸(読み)ナミダタケ

  • 涙×茸

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 担子菌類イドタケ科のきのこ。木造家屋の床板、土台などに生えてこれを腐らせる。子実体は膜状で基物面にひろがり径一メートルにも達する。生育時は柔軟な肉質だが乾くともろい革質となる。周辺は白く、しばしば扇状にひろがった菌糸層でふちどられ、子実層の表面には不規則な網目状の皺があり、はじめ黄褐色、のち、暗褐色となる。生育中の子実体から水滴を分泌する性質があるところからこの名がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android